いいところがありすぎて逆に語れない

高級キャバクラの魅力は語り切れないと思う

いつも六本木のキャバクラへ入り浸っているのですが、最近のお気に入りと言えば高級キャバクラです。その理由は魅力がある…というか、魅力がありすぎるのでいざそれを語れと言われても難しいですね(笑)

何が一番なのかって聞かれると絞り切れないんですけど、強いて挙げるならやっぱり接客術というかおもてなしなんじゃないかなって思うんですよね。

今まで高級キャバクラで遊んでいて不愉快どころか「ん?今の言い方あり?」みたいに思ったことさえないんです。言葉遣いまで完璧で、そういった点だけでもサービスの質の高さを感じ取ることができます。

 

何一つ不快な思いをすることがない

顔では笑って、でも内心で…ってことも一度もないんですよね。
つまり一度もストレスを感じたことがなくいつも楽しい時間を過ごすことが
できているってことなんです。

それだけでも如何に高級キャバクラが魅力的なサービスなのかってことが分かりますよね。こっちがお客である以上、イライラするのは嫌じゃないですか。
それがないからこそ、高級キャバクラが好きなんです。
六本木までついつい遊びに行ってしまうんですよ。